ガラケーを処分したいと考えたら

現在はスマートフォンが主力となり、それまで使っていたガラケーは使わずに家においてあるという人も多いです。
使わないのでどうにかしたいと思っていても、どうしたら良いのかわからず結局そのまま保管したままにしがちですが、使わずにそのままにしておくのであれば何らかの形で処分してしまった方が良いでしょう。
方法は主に売る、捨てる、引き取りをしてもらうなどが考えられますが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。
それらを知った上で、自分合った方法を選ぶと良いでしょう。
携帯電話には通話機能以外にもさまざまな機能が備わっています。
それら機能を使用してみると思わぬ便利グッズに変わる事もあるので、処分をしない場合は新しい活用方法がないかを探してみるのも面白いです。

考えられる方法と知っておきたいポイント

処分方法の内のまず捨てるですが、むやみやたらと捨てることは出来ないですし、レアアースなどの貴重な金属が含まれているのでリサイクルという観点からも携帯電話のショップで引き取りという形にするのが無難です。
この方法ならば記憶されているデータはすべて消去されてからリサイクルに回されるので、個人情報が盗まれるといった心配がなく安心です。
残っている売るという手段ですが、これには買取店で売るかオークションで売るかのどちらかが考えられます。
一般的にデータ消去などの知識がなければオークションで売却するのはあまりお勧め出来ません。
データが残ったまま売却してしまうと、その情報を抜かれてしまう可能性があるからです。
買取であればデータは消去してもらえるので、とくにこだわりがなければ買取店に売るのが良いでしょう。

通話以外に活用する方法を考えてみる

使わなくなったガラケーの一般的な使い方としてまず思いつくのは時計です。
目覚まし機能も付いているので、例えば仕事場や作業場、寝室などに置いたままにしてすぐ時間が見られるようにしておくというもの。
従来の携帯の利点として、バッテリーの持ちが良いというのがあるのでそのまま置いた状態でもかなりの期間動作します。
大半の機種には録音機能が付いているので、ボイスメモとして思いついたアイデアや用事などをメモしておくのにも使えます。
ただしこれらの機能は今使っているスマートフォンにも付いている機能なので使うシチュエーションは自分で考えないといけません。
使い方を色々考えてみて、やっぱり思いつかなかったり結局また使わなかった場合は、素直に売却してしまうのが良いでしょう。